スタッフが実際に参加したクルーズのイベントや船内の様子など、感想を交えてご紹介するブログです。

「初めての飛鳥Ⅱ 陽春の土佐・薩摩クルーズ」乗船レポート

こんにちは!新しい年度がはじまり、アオキトラベルもこの春にホームページをリニューアルいたしました!新たな気持ちで頑張りますので、今後ともご愛顧の程よろしくお願いいたします。ようやく花粉が落ち着いてきはじめたようですが、花粉症の方には少々ツライ季節ですね。体調管理にお気をつけくださいませ。

さて、2018年3月19日~3月21日で飛鳥Ⅱに2泊3日で乗船してまいりましたので、その時の様子をレポートいたします。今回は静岡県の旅行会社4社が組織しております「清水港客船クルーズアライアンス会」にて参加者を募集。アオキトラベル企画・実施「初めての飛鳥Ⅱ 陽春の土佐・薩摩クルーズ」にご参加されたお客様に同行いたしました。

19日の朝、静岡各地から専用バスにて出発。車内でお弁当を食べながら、一路名古屋港へ。バスの中で乗船受付を済ませ、いざ飛鳥Ⅱへ乗船。レセプション前のアスカプラザは春らしい装いになっておりました。この日は船内で講演会のイベントがありました。講師は西郷隆盛のひ孫にあたる西郷隆文氏。現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」の影響で引っ張りだこのようです。大変ユーモアのある方で、西郷家にまつわる秘話などを楽しく聞かせていただきました。その後はモナリサのコンサートを観賞。耳馴染みのあるポピュラーな曲もたくさん披露してくれました。優雅な演奏を間近で楽しめ、すっかり幸せな気持ちに。ステージとの距離が近いため臨場感たっぷりです。コンサートの後はお待ちかねのディナーへ。この日は桜島海老のマリネ、桜鯛のカルパッチョなど、これから向かう鹿児島がテーマの贅沢なフレンチフルコース。夕食は通常2回制となっておりまして、1回目をご希望される方が多いのですが、時間を気にせず食事の余韻をゆったり楽しめる2回目もオススメです。その後は、バーに行ったり、ダンスホールに行ったり、大浴場に行ったりと、皆様思い思いの時間を過ごされておりました。皆様がご就寝される頃には、飛鳥Ⅱは潮岬を通過。翌朝目が覚めると高知港が目前に迫っておりました。寝ている間に次の観光地へ到着するという点もクルーズの大きな魅力の一つですね。

翌日の高知はあいにくの雨模様でしたが、皆様元気にバスへ乗り込み、オプショナルツアーやシャトルバスなどで高知城、はりまや橋、桂浜、ひろめ市場などの観光を楽しんでいらっしゃいました。また、港ではカツオのタタキを振る舞っており、出港時にはよさこい踊りでお見送りをしてくれました。天気が悪い中で心配された船の揺れもそれほど大きくなく、順調に鹿児島へと航海を進めました。

21日は鹿児島港へ入港。朝食を楽しんだ後、飛鳥Ⅱとはいよいよお別れです。観光バスへ乗車して仙巌園へと向かいます。鹿児島市電が走る市内を走り、西郷隆盛像や異人館、尚古集成館などを車中観光して仙巌園に到着。雨が降っていて残念でしたが、ガイドさんの説明のもと散策と昼食を楽しみました。仙巌園を出発する頃に雨は上がり、かすんでいた桜島も顔を出してくれました。その後、鹿児島空港からFDAにて静岡空港へ。専用バスにて静岡各地まで皆様をお送りいたしました。あいにくの天気にも関わらず皆様には楽しんでいただけたようで、お別れの際は笑顔でお帰りになられました。

このようなバスや航空機を利用するパックツアーのクルーズ商品を企画した際には、ホームページやちらしでご案内いたします。クルーズ初心者の方にもオススメの内容となっておりますので、是非ご友人やご家族とお出かけください。もちろんクルーズ単体の商品も多数取り扱っております。お問い合わせ・お申し込みは”Lana CRUISE”のアオキトラベルまで!

関連記事一覧

PAGE TOP